オリゴ糖の便意解消効果の停滞期を乗り越えるための秘策!

 

オリゴ糖の便意解消効果には停滞期があるのをご存知でしょうか?
人によって停滞期の有無や長さは異なってきますが、
オリゴ糖を摂取していていまいち今までのような効果を感じられなくなっているなら停滞期に入っている証拠です。

 

停滞期に入ってしまったからといってオリゴ糖の効果がなくなってしまった訳ではありません。
少しの工夫をする事で、停滞期は乗り越えられ、場合によっては今までよりも高い効果を得る事ができるようになるんですよ。
今回は、オリゴ糖の便意解消効果の停滞期を乗り越える秘策をお伝えいたします。

 

オリゴ糖の便意解消効果には停滞期がある

オリゴ糖を継続的に摂取し始めると、始めは大きな効果を実感する事ができます。
それは、活力がなく元気を失っていた善玉菌が一気に活性化し、
悪玉菌が嫌う酸を大量に放出するようになるためです。

 

特に生活習慣の乱れやストレスなどによって腸内が悪玉菌優勢に傾いていた方は、
オリゴ糖を摂取する事で急激に腸内環境が善玉菌優勢の状態に改善されるため、
効果の実感度も高い傾向にあります。

 

ですが、便意解消に大きな手応えを感じて、そのまま同じようなペースでオリゴ糖の摂取を続けていると
次第に効果が感じられなくなる時がやってきます。

それが、停滞期です。

 

停滞期に入ったからといってオリゴ糖の効果がなくなったというわけではありません。
ここでオリゴ糖の摂取を辞めてしまうと元の木阿弥です。
停滞期を我慢して乗り越えてこそ、本当の意味でのきれいな腸を手に入れる事ができるのです。

 

停滞期は菌の「慣れ」からやってくる

それでは、一体どうしてオリゴ糖の便意解消効果には停滞期があるのでしょうか?
それは、菌の「慣れ」が関係しています。

 

人間でも引っ越しなどしてどんなに不慣れな環境下に置かれても、次第に環境に順応し、
今まで通り元気に過ごす事ができるようになりますよね。

 

実は、悪玉菌も同じで、オリゴ糖が腸内にあって善玉菌が元気に酸を放出する苦手な環境下にいても、
ずっと同じような状態が続けば、その環境に慣れてしまい、元気を取り戻すのです。

 

ウイルスや感染菌でも薬に抵抗できる「耐性菌」の発生が大きな問題になっていますよね。
腸内にいる悪玉菌も、オリゴ糖存在下の環境に耐性を持ってしまい、再び勢力を拡大しようと奮闘し出すのです。

 

停滞期を乗り越えるためには変化が必要

 

では、耐性を獲得した悪玉菌にオリゴ糖は全く効かなくなるのでしょうか?
実はそうではありません。
悪玉菌が勢力を取り戻してしまうのは、「同じような環境が続く」からなんですよ。

 

 

つまり、停滞期を乗り越え、再びオリゴ糖の効果を高めるためには、悪玉菌の慣れをなくせばよいだけなのです。
おすすめの方法は、一定の期間だけオリゴ糖の摂取を少し減らし、
悪玉菌を油断させたところにいつもの倍量のオリゴ糖を摂取するという方法です。

 

油断して緊張感がなくなったところに大量のオリゴ糖が投下されるため、悪玉菌は泡を食って退散するんですよ。
他にも、オリゴ糖を摂取するタイミングを定期的に変えたり、
摂取量に波をつけるようにすると効果を高く維持する事ができます。

 

最後に

一番やってはいけないのが、オリゴ糖の効果を感じられなくなったからといって摂取を辞めてしまう事です。
また、効かなくなったからといってオリゴ糖の摂取量を段階的に増やしていく事も、過剰摂取に繋がるので控えましょう。
増やせば効果が高くなるのではなく、摂取量や時間に変化をつけて悪玉菌を揺さぶる事が大切なのです。

 

関連ページ

オリゴ糖で『うつ病』が改善するってホント?
オリゴ糖で腸内環境を良くし、善玉菌を増やすことがうつ病の改善につながるというのです。
コーヒーオリゴ糖の効果に業界激震!
今コーヒーオリゴ糖の効果に業界が震えている!一体どのような効果が、このオリゴ糖には期待できるのか?!
妊婦でも安全?オリゴ糖の便秘解消効果は?
妊婦さんは便秘になりやすいですが、オリゴ糖を使っても大丈夫なのか?赤ちゃんには影響はないのか?妊婦さんがオリゴ糖を使う際の安全性や効果について説明します。
オリゴ糖を加熱するバカがどこにいる!加熱すれば効果なし?
オリゴ糖は加熱しても本来の便秘解消効果を得ることが出来るのでしょうか?それとも加熱することにより便秘解消効果はなくなってしまうのでしょうか?
知っていましたか?オリゴ糖の効果的な摂り方
オリゴ糖の効果をより上げる方法について詳しくまとめてみました。オリゴ糖の賢い摂取方法を是非知って活用してください。
ガラクトオリゴ糖の効果と副作用を知らないなんて?あなた正気?
ガラクトオリゴ糖の効果と副作用について詳細に解説をいたします。

このページの先頭へ戻る