“オリゴ糖”は、腸内環境を良くしてうつ病を改善する?

 

うつ病、うつ状態で悩んでいる方、病院で処方されたお薬などで、日々頑張っていらっしゃることと思います。

 

私も、毎月のホルモンバランスの変化によって月に1度、すごく気持ちが落ち込んでしまう日があります。
それを「うつ病」といってしまうのは申し訳ないレベルなのですが、
自分なりに、なるべく落ち込まずに生活するために色々対策しています。

 

さて、うつ病の原因は脳に存在している神経伝達物質「セロトニン」の不足という説があります。
セロトニンを含むハーブ「セントジョーンズワート」ががうつのときに勧められたりしますね(現在は手に入りにくいですが)。
ちなみに私の気持ちが落ち込むときも、ホルモンの変化によってセロトニンが不足している(と思われる)ときです。

 

さて、そのセロトニンですが体内のどこに存在するかというと脳に2%、腸に95%といわれています。
「腸は第二の脳」といわれることがありますけれど、腸に95%ものセロトニンがあるのですから、納得です。
たしかに、便秘や下痢のときって気持ちも暗くなりがちで便の状態が良くて、おなかが軽いときは気持ちも明るいような・・・?

 

腸内のセロトニンはそのままでは脳内にたどりつきませんがセロトニンの前駆物質は脳内に送られます。
ですから、腸内のセロトニンを増やすことは脳内のセロトニン前駆物質を増やすことになりうつ病の改善にもつながるのです。

 

うつ病の原因は、セロトニンの不足だけでなく「ドーパミン」「ノルアドレナリン」といった他のホルモンの影響も挙げられます。
これらがバランス良く作用するために必要なものは「バランスの良い栄養」と「規則的な生活(=適度な休息)」です。

 

炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル・・・これらをバランス良く摂取することで腸内環境が整います。
なぜなら、セロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸を原料として小腸内で合成されるから。
そして全身に運ばれます。

 

それを送る働きも担っているのが、腸内の「善玉菌」。
つまり、まとめると、「バランス良く食事(栄養)を取り、腸内環境を良くし
善玉菌を増やすことがうつ病の改善につながる」のです。
そして、その善玉菌のえさになるのが「オリゴ糖」。「オリゴ糖はおなかに良い」と、よく聞きますよね。

 

ごぼう、玉ねぎ、バナナ、はちみつ、てんさい糖・・・などなど
オリゴ糖を多く含む食品を積極的に取り入れて善玉菌を増やし(砂糖は悪玉菌を増やすのでなるべくさけて)
腸内環境を良くして、うつ病に負けないようにつきあっていきましょうね。

 

関連ページ

コーヒーオリゴ糖の効果に業界激震!
今コーヒーオリゴ糖の効果に業界が震えている!一体どのような効果が、このオリゴ糖には期待できるのか?!
妊婦でも安全?オリゴ糖の便秘解消効果は?
妊婦さんは便秘になりやすいですが、オリゴ糖を使っても大丈夫なのか?赤ちゃんには影響はないのか?妊婦さんがオリゴ糖を使う際の安全性や効果について説明します。
オリゴ糖を加熱するバカがどこにいる!加熱すれば効果なし?
オリゴ糖は加熱しても本来の便秘解消効果を得ることが出来るのでしょうか?それとも加熱することにより便秘解消効果はなくなってしまうのでしょうか?
知っていましたか?オリゴ糖の効果的な摂り方
オリゴ糖の効果をより上げる方法について詳しくまとめてみました。オリゴ糖の賢い摂取方法を是非知って活用してください。
オリゴ糖の便意解消効果の停滞期を乗り越えるための秘策!
オリゴ糖の便意解消効果には停滞期があるのをご存知でしょうか?今回は、オリゴ糖の便意解消効果の停滞期を乗り越える秘策をお伝えいたします。
ガラクトオリゴ糖の効果と副作用を知らないなんて?あなた正気?
ガラクトオリゴ糖の効果と副作用について詳細に解説をいたします。

このページの先頭へ戻る