赤ちゃんの便秘解消法まとめ

 

大人だけでなく赤ちゃんも便秘になることがあります。
便秘で苦しむ赤ちゃんを見ているのはママにとってつらいですよね。
今回は赤ちゃんの便秘解消について調べました。
赤ちゃんの便秘解消に悩むママの参考になればと思います。

 

赤ちゃんの便秘の原因

赤ちゃんは個人差があるので毎日うんちの出る赤ちゃんや
2日に1回のペースでうんちが出る赤ちゃんなどさまざまです。

 

ただし、3日以上うんちが出ていない場合やコロコロとした固いうんち、
機嫌が悪くミルクを飲まないなど症状がある時は
便秘の可能性があるので赤ちゃんの状態を観察するようにして下さい。

 

赤ちゃんが便秘になる原因として以下の理由が考えれます。

母乳不足や脂肪分が多い母乳

母乳育児の場合、ママが肉類や乳製品など脂肪分を多く含んだ食事を摂取することにより
母乳を飲んだ赤ちゃんが腸で上手く消化できず便秘になってしまいます。

 

また母乳が不足していると赤ちゃんに栄養が行き渡らず便秘の原因になることがあります。
赤ちゃんが便秘にならないようにママの食事内容を見直してみましょう。

 

水分不足

赤ちゃんは新陳代謝が活発なため汗をかきやすい状態です。
汗によって水分が失われると便秘になるので水分はこまめに与えるようにしましょう。

 

ミルクが合ってない

粉ミルクに含まれている成分が合わないと便秘になることがあります。
粉ミルクがあっていないときは別のメーカーに変えると便秘が治ることがあります。

 

赤ちゃんの便秘解消法

赤ちゃんは腸の発達も未熟なので便秘になることがあります。
赤ちゃんの便秘解消法について紹介しますので参考にして下さい。

 

お腹のマッサージ

お腹が張っている様子ならお腹のおへその部分を中心に「の」の字を書くようにマッサージします。
時計回りで優しくお腹をマッサージします。

 

水分を与える

赤ちゃんは良く汗をかくのでこまめに麦茶など水分を与えるようにして下さい。
また少量の砂糖をお湯に溶いて飲ませてあげるのも便秘解消に効果があります。

 

適度なストレッチや運動

赤ちゃんの足を上下左右に動かしてあげて運動不足を解消してあげましょう。
ハイハイやつかまり立ち、伝い歩きができる赤ちゃんなら積極的に体を動かすようにして下さい。

 

綿棒で肛門を刺激する

綿棒の先端にベビーオイルを塗って綿球の部分まで肛門に入れてゆっくり回すように刺激します。
肛門が刺激することで便が出やすくなります。

 

離乳食を既に開始している赤ちゃんなら離乳食の食事内容や食事の量をチェックして下さいね。
食事の摂取量や食物繊維が不足していると便秘気味になってしまいます。

 

まとめ

赤ちゃんの便秘解消についてまとめました。
赤ちゃんでも便秘になることがありますが、以上に挙げたことを実践して便秘を解消してあげましょう。

 

便秘がひどくミルクや食事の摂取状況が悪い時や便に血液が混じる時は
重大な病気の可能性もあるので小児科を受診するようにして下さい。

 

関連ページ

自律神経が不安定だと便秘になりやすいのはなぜ?
自律神経と便秘。実は密接な関係があるって知っていましたか?自律神経を整えることにより便秘が改善するとしたら?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?
腸をリセットできる断食法とは?
便秘解消させる断食法について説明します。
あなたの便秘、もしかしたら食物繊維の食べ過ぎが原因では?
便秘対策に食物繊維を摂るというのは常識ですが、食物繊維を食べ過ぎると便秘が悪化することがあることをご存知ですか?
腸をきれいにするお酒がある?!便秘解消に効果的な3つのお酒
お酒の中には、腸をキレイにして、便秘解消など様々な嬉しい効果をもたらしてくれる物があるんですよ。
便秘に炭酸水がいいって知ってた?
便秘に効果のあるものとして、今、炭酸水が注目されているのをご存知でしたでしょうか?
子供を便秘で苦しませない3つの方法
トイレで「出ないー!」と泣きながら苦しんでいる子供の姿を見ないために大事な3つの便秘解消法をご紹介します。
体が冷えると便秘になりやすいのはなぜ?【便秘と冷えの関係】
体の冷えと便秘には、相互に関連があります。体が冷えて便秘になる場合の対処法について綴ります。
知っておきたい!腸内フローラと抗生物質等の関係
抗生物質は、私たちを感染症から救ってくれる反面、私たちの腸内フローラを乱してしまう危険のある薬でもあるのです。腸内フローラと抗生物質等の関係についてお伝えします。

このページの先頭へ戻る