食物繊維を食べ過ぎると便秘が悪化するそうですが本当?

 

便秘対策には「食物繊維を取ること」というのは常識ですが、
「食物繊維を食べ過ぎると便秘が悪化することがある」と言うことをご存じですか?

 

たとえば、食物繊維の多い食物として玄米がありますが
「玄米を食べるとお通じがすごく良くなった」という言う人がいる一方で
「玄米を食べると便秘になる…」という人もいます。

 

この違いはなぜ起こるのでしょうか?

 

食物繊維には2種類ある

 

食物繊維には2種類あります。

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、水に溶ける繊維。
多く含まれる食品はにんにく、ごぼう、納豆、オクラ、梅干し、さつまいも、にんじんなど。

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、水に溶けない繊維。
多く含まれる食品は、いんげん豆、ひよこ豆、おから、栗、味噌、納豆、エリンギ、りんごなど。

 

穀類、いも類、豆類、きのこ類にはどちらの繊維も多く含まれています。
プルーンや、アボカド、干し柿、いちじくなどもどちらの繊維も豊富です。

 

不溶性食物繊維の働き

これらの食物繊維のうち、不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収して便のかさを増し、
大腸を刺激して、排便を促す
はたらきがあります。

 

ブラン(小麦の外皮)に牛乳を浸したら、吸収してかさが増しますよね?
あのイメージです。

 

水溶性食物繊維の働き

それに対して、水溶性食物繊維は水分を含みつつ腸内を進み、便をやわらかくします。
ゲルのイメージです。

 

つまり、不溶性食物繊維ばかりを食べて、水溶性食物繊維と水分を取る量が少ないと
腸の中の水分が吸収されてしまい、ますます便が固くなるので便秘が悪化するというわけなのです。

 

ですから、便秘を悪化させない食物繊維の食べ方は、不溶性食物繊維ばかりを食べ過ぎないこと。
水溶性食物繊維もバランス良く、水分も十分取ることが大切です!

 

ご飯やパンを食べているとき、お味噌汁や野菜スープや飲み物が欲しくなるのは
身体が水溶性食物繊維と水分を欲しているのかもしれませんね。

 

ちなみに私は普段玄米を食しているのですが、白米よりも便秘になりにくいと実感しています。
そして、実際に、「水分を取る量が少なかったかな…」という時には便が固くなりますので、
水分は、少しずつまめに補給して、1日1リットル以上は、コーヒー以外の飲み物を摂取するようにしています!

 

関連ページ

自律神経が不安定だと便秘になりやすいのはなぜ?
自律神経と便秘。実は密接な関係があるって知っていましたか?自律神経を整えることにより便秘が改善するとしたら?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?
腸をリセットできる断食法とは?
便秘解消させる断食法について説明します。
腸をきれいにするお酒がある?!便秘解消に効果的な3つのお酒
お酒の中には、腸をキレイにして、便秘解消など様々な嬉しい効果をもたらしてくれる物があるんですよ。
便秘に炭酸水がいいって知ってた?
便秘に効果のあるものとして、今、炭酸水が注目されているのをご存知でしたでしょうか?
子供を便秘で苦しませない3つの方法
トイレで「出ないー!」と泣きながら苦しんでいる子供の姿を見ないために大事な3つの便秘解消法をご紹介します。
赤ちゃんの便秘の原因と解消法まとめ
便秘で苦しむ赤ちゃんを見ているのはママにとってつらいですよね。今回は赤ちゃんの便秘解消について調べました。
体が冷えると便秘になりやすいのはなぜ?【便秘と冷えの関係】
体の冷えと便秘には、相互に関連があります。体が冷えて便秘になる場合の対処法について綴ります。
知っておきたい!腸内フローラと抗生物質等の関係
抗生物質は、私たちを感染症から救ってくれる反面、私たちの腸内フローラを乱してしまう危険のある薬でもあるのです。腸内フローラと抗生物質等の関係についてお伝えします。

このページの先頭へ戻る