腸をリセットできる断食法とは?

断食の効果

断食をされたことはありますか?

 

断食といっても、本当に何も食べない「水断食」から
固形物を食べずに飲料で栄養を補いながらする断食
朝食だけ抜く1日2食の「プチ断食」、「半断食」など
レベルや方法は色々です。

 

いずれの方法も、断食の目的は
毎日食べ物を消化・吸収・排泄している消化器官を休ませること。

 

  • 1週間に1回の半断食(土曜日は日中を飲み物だけで過ごし、食事は軽い夕食のみにするなど)
  • 朝食を取らないプチ断食(前日の夕飯から翌日の昼食まで14〜16時間空ける)
  • 1ヶ月に1回の断食(ファスティングジュースなどで栄養を補給して、翌日は回復食を取る)
  • 本格的な数日の断食

 

(注)本格的な水断食は、専門家の指導のもとで行ってください
(注)体力のない方は行わないでください

 

1、2日ほど飲み物だけで過ごすと驚くほど身体がスッキリします。
「スッキリやせる」という意味ではないので、誤解されませんように。
断食は「やせる」のが目的ではなくて、あくまで消化器官を休ませることが目的です!

 

腸をリセット

 

不思議なことに、何も食べなくても便は出ます。
というか、むしろ朝食を抜いた方が、大腸がよく動いて排便がスムーズになるように私は感じます。
腸内に残っているものを全部きれいに排泄できるようなイメージです。

 

本格的な断食は、なかなかできなくても朝食を取らない「プチ断食」だけでも、続けると本断食に近い効果があります。
だから、「ちょっと試してみようかな」という方にはこの方法がおすすめです。
昼食はドカ食いしないように、ゆっくりいただいてくださいね。

 

「本格的に取り組んで一度腸をリセットしたい!」という方は1日固形物を食べない断食法がおすすめです。

 

1日固形物を食べないと、はじめはおなかが空きますが
そのうち、糖分ではなくて脂肪を使ったエネルギー代謝が始まり意外に軽く動けることに気づかれるでしょう。

 

身体が「飢餓の状態」を感じたらリセットのチャンス。
もともとの身体の力が目覚めてきます。

 

回復食、継続する

 

断食で、当日以上に大事なのが翌日の「回復食」です。

 

1日休んでいた消化器に、通常の量の食べ物を入れると逆に負担をかけてしまいます。
おかゆなど、消化の良いものをよく噛んで、消化器に負担をかけないように回復しましょう。

 

健康な人であれば、その後は普通に過ごせばよいですが
この時に、腸内の悪玉菌のえさになるような甘いものはなるべく控えて
善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌、
善玉のえさになるオリゴ糖などを積極的に摂取すれば腸内環境がさらに良くなります。

 

日本人なら、生きた醤油、味噌、漬物、納豆などが取りやすいですね。

 

「ちょっと最近、飲み過ぎ、食べ過ぎかな。身体がだるいな・・・」というとき、一度お試しください。
もしかすると、腸がリセットされる感覚がやみつきになるかもしれませんよ!

 

関連ページ

自律神経が不安定だと便秘になりやすいのはなぜ?
自律神経と便秘。実は密接な関係があるって知っていましたか?自律神経を整えることにより便秘が改善するとしたら?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?
あなたの便秘、もしかしたら食物繊維の食べ過ぎが原因では?
便秘対策に食物繊維を摂るというのは常識ですが、食物繊維を食べ過ぎると便秘が悪化することがあることをご存知ですか?
腸をきれいにするお酒がある?!便秘解消に効果的な3つのお酒
お酒の中には、腸をキレイにして、便秘解消など様々な嬉しい効果をもたらしてくれる物があるんですよ。
便秘に炭酸水がいいって知ってた?
便秘に効果のあるものとして、今、炭酸水が注目されているのをご存知でしたでしょうか?
子供を便秘で苦しませない3つの方法
トイレで「出ないー!」と泣きながら苦しんでいる子供の姿を見ないために大事な3つの便秘解消法をご紹介します。
赤ちゃんの便秘の原因と解消法まとめ
便秘で苦しむ赤ちゃんを見ているのはママにとってつらいですよね。今回は赤ちゃんの便秘解消について調べました。
体が冷えると便秘になりやすいのはなぜ?【便秘と冷えの関係】
体の冷えと便秘には、相互に関連があります。体が冷えて便秘になる場合の対処法について綴ります。
知っておきたい!腸内フローラと抗生物質等の関係
抗生物質は、私たちを感染症から救ってくれる反面、私たちの腸内フローラを乱してしまう危険のある薬でもあるのです。腸内フローラと抗生物質等の関係についてお伝えします。

このページの先頭へ戻る